犬が一番気持ち良い撫でポイントは?

犬は頭を撫でられるのが一番気持ち良い?

犬は頭を撫でられるのが一番気持ち良い?

犬をなでる際に頭を触るのが一般的と思っているかたは多いのではないでしょうか。

実際気持ちよさそうに撫でられている犬もいる一方、嫌がって触らせてくれないこともあります。

ではどこをなでるべきなのでしょう。

人の顔にツボがあるように犬にも触られて気持ちいい場所があります。

それは母犬から愛情表現としてなめられていた眉間とかゆくてもかけない耳の裏です。

耳の裏はダニがいても手が届きにくいので掻いてあげるととても気持ち良いようです。

眉間は子犬のときの思い出から甘えて長時間なでさせてくれることが多いですね。

撫でるときに注意したいのがいきなり頭の上から触らないことです。

いきなり裏から行くと襲われるとおもって避けたり自己防衛のために噛むことがあります。

顎のあたりから手を出して安全であることを匂いで確認してもらいましょう。

犬は顎の下を撫でられるのが一番気持ち良い?

犬は顎の下を撫でられるのが一番気持ち良い?

犬を撫でる時どこを触れば一番気持ち良いか知っていますか?気持ちいいと感じるポイントはいくつかありますが、そのひとつが顎の下といわれています。

顎の下は自分の口や手が届かない部分なので、撫でると喜びます。顎の下には頸脈というツボがあり、マッサージすることで声枯れや喉の異常に効果があるとされています。

触る時は犬が驚かないよう優しくそっと触れましょう。特に知らない犬の場合はびっくりして噛みつくことがあります。犬の表情や気持ちをくみ取り最初は背中などから触り始め、徐々にお腹や顎の下に手を持っていくようにします。

気持ち良いと犬は表情や仕草で応えてくれます。目を細めたり、お腹を見せたり、お手をするように手を挙げもっと触ってほしいと要求してきたり可愛らしい姿を見ることができますよ。

犬はお腹を撫でられるのが一番気持ち良い?

犬はお腹を撫でられるのが一番気持ち良い?

愛犬があおむけになりお腹を出して寝転ぶしぐさをしていることがあります。動物にとってお腹は最大の弱点です。

そこを堂々と見せているという状態の時には、安心感でいっぱいになってとてもリラックスしている状態といえます。

そして飼い主がお腹をなでると最高に気持ち良い状態になっているといえます。撫でられることは最大のスキンシップであり、愛情が直に伝わります。

犬からしてみると筋肉をほぐし、温まることになるので気持ち良いのです。撫でている手を少し離してみると、犬は自分の手で飼い主の手を自分に当てようとします。

もっと撫でてといっている状態です。こうしたしぐさはとても可愛らしく、お互いの愛や絆をお互いに感じられるので幸せなことです。