犬が吠えるのはどうして?

仲間を呼ぶ時に犬は吠えるの?

仲間を呼ぶ時に犬は吠えるの?

仲間を呼ぶ時にも犬は吠えますが、それ以外でも様々なところで犬は吠えます。例えば相手を威嚇するというような時も吠えるという事をしますから、仲間を呼ぶという事だけではないと考えていいでしょう。

吠える声を犬は様々に使い分けているという事も分かってはいますが、その目的が仲間を呼ぶ時だけというように断定できるほどに分析が進んでいるわけではありません。

犬は声を様々なコミュニケーション方法として利用している事は分かっていますから、むしろ仲間を呼ぶという事以外でも様々に使用していると考えた方が良いでしょう。

場合によっては人が考えつかないような用途に使用しているような事も考えられますから、呼ぶ時だけというように決めつけない方が良いと思われます。

犬が吠えるのは怒っているから?

犬が吠えるのは怒っているから?

人間界で暮らすペットとしての犬には吠えるという行為は怒っているから吠えていると誤解されがちです。

犬は吠えることで仲間へ気持ちや危険を伝達して生きている生き物です。怒っているというだけでなく何か大きい音がして興奮する、餌を催促することや訪問者への威嚇牽制などいろいろな意味が込められています。

鳴き声の意味は仲間に情報を伝えることであるため、一匹の犬が吠えれば続けて近くの犬も吠えるということもあります。

内容は鳴き声のトーンや速さと大きさ、身近なペットであるなら表情で分けられることが多いです。また、よく吠える犬というのはまだ若く何事に興味を持っているあるいは臆病で何かに怖がっている場合があります。

吠えるからといって全てが全て怒っているということではないのです。

よく吠える犬を治すしつけ方法は?

よく吠える犬を治すしつけ方法は?

犬が吠えるのにはいくつかの理由が考えられます。

まずは要求吠えで、この場合は可哀そうに思えますが無視する事が一番効果的な方法です。吠えても自分の言う通りにはならないという事を教えることが出来ます。

無駄吠えをする場合はつい大声で叱ってしまいがちですがかえって犬を興奮させてしまうので間違ったしつけの方法です。

子犬が吠える場合はまず飼い主に寄り添わせて吠えている原因を探ります。出来れば静かになるまで抱きしめて落ち着かせてあげる事が出来れば大成功です。

成犬の場合は抱きしめる事が難しいかもしれませんが、押さえこむ形にして飼い主に集中させます。犬も自分の都合の悪い時は目をそらすのできちんとこちらを向かせるようにします。