猫はネズミを食べるって本当?

猫は狩猟本能によりネズミを狩る?

猫は狩猟本能によりネズミを狩る?

猫は狩猟本能によりネズミを狩るという事はあるかもしれませんが、狩猟本能とも考えいうよりも、動くものがあれば取りあえず捕まえるという事をするという、本能の方が働くというように言った方が良いかもしれません。

狩猟というと獲物という認識でとびかかるということになりますが、猫の場合は相手が獲物かどうかを認識していないことが多い事も分かっています。

単に動くものであれば何でもとりあえず触ってみるというのが猫の本能として刻まれていると考えてもいいでしょう。

そのため、捕まえるというよりも、触ってすぐに放すという事をするのが特徴的なところです。獲物を狩るという事をしている場合は放しては意味がありませんから、この放すという事をしているという事は、とりあえず触ったという事の方が大きいとも考えられます。

猫がネズミを食べてしまったら要注意?

猫がネズミを食べてしまったら要注意?

猫がネズミを食べるのは本能によるものですが、病原菌を持っていることが多いので要注意です。ネズミはトキソプラズマやエキノコックスなどの病気をもたらします。

飼い猫がネズミを食べてしまった場合、猫から人へこれらの病気が感染することがあります。トイレの掃除をした後はきれいに手を洗い、爪で引っかかれたら傷口を消毒します。

キスなどの過剰なスキンシップも避けます。動物病院に診療に行けば病原菌を除去する薬を出してくれるので、安全が分かるまでは猫との距離を置くことが大切です。

そもそもお腹が空いていなければネズミを食べることはほとんどないので、普段からキャットフードを与えて栄養不足にならないようにすることが予防になります。

ネズミを見つけても食べない猫もいる?

ネズミを見つけても食べない猫もいる?

ネズミを見つけて自分で見つけても食べない猫もいます。猫がネズミを捕まえる理由として考えられるのは、「ネズミを狩るということ自体が遊びのため」「ネズミを食べるため」の2つがあります。

特にネズミを捕まえて来ても食べないで放っておく場合は、「単純に獲物を狩るのを楽しんでいる」「飼い主に食べさせたいから持ってきた」「飼い主に自慢したいから持ってきた」という理由が考えられます。

住んでいる家が一番落ち着いて食べられるから、後でゆっくり食べるために持ってきたという説もあります。「一緒に生活している人間が狩りをしないので代わりに獲物を獲って来てあげたよ」という理由が一番飼い主にとっては嬉しいでしょうが、目の前に飼っている猫が捕まえて来た獲物が転がっているのを見て驚かない人はいないでしょう。