猫のうんちはどうして臭いの?

猫のうんちがツーンとするのは何故?

猫のうんちがツーンとするのは何故?

猫のうんちは犬や兎など他の飼っている動物に比べて匂いがきつくツーンとします。

その理由としては猫は肉食だからです。

犬は雑食で兎は草食なのに比べて猫は肉食で食べるものが違います。

人間も肉をたくさん食べている人のほうが野菜をたくさん食べている人に比べてうんちの匂いがきついですよね。

それと同じ原理なんです。肉を食べると臭いのは動物性たんぱく質や脂質がふんだんに含まれているので、消化しきれなかったものが排出されるときに匂いと一緒に出てきます。

猫用のペットフードは他のペットに比べて油が多いです。

触ってみると分かるのですが油が手に付きベトベトした感触が感じられます。

これらのことから猫のうんちがツーンとする原因は食べ物のせいなんです。

猫はうんち専用の砂がある?

猫はうんち専用の砂がある?

猫砂には各社からいろいろなタイプのものが販売されています。

粒の大きいものや小さいもの、紙砂やシリカゲル、砂等さまざまですが、うんち専用と言うものは聞いた事がありません。

そもそも猫はおしっこもうんちも同じトイレでするので分ける必要がありません。ウンチへの砂の付き方で軟便気味であるとかの体調を確認することも出来ます。

最近では動画などで人間用のトイレで用を足す猫ちゃんが話題にもなっていますが、人間用のトイレは人間が使うように作られているので詰まる恐れがあります。

人間のウンチは水に溶けやすいですが、猫のウンチは水に溶けにくく、毛繕いした際に飲み込んだ毛が多く含まれているからです。

燃えるゴミで捨てる事ができるのでトイレには流さないようにしましょう。

野良猫のうんちは更に臭い?

野良猫のうんちは更に臭い?

一般的に飼い猫と比較して野良猫のうんちは臭いということが出来ます。

その理由は食事の内容にあって動物性タンパク質や脂質が多くなる程動物の便は臭いが強くなる傾向があります。実は人間も同じで肉を多く食べる人の方が体臭が強くなりますし、野菜を多く食べる人は体臭も便のニオイも弱くなります。

だから犬と猫を比較した場合でも基本的に肉食の猫は雑食の犬よりうんちが臭いと言えるのです。

特に野良猫の場合は飼われている猫と違ってキャットフードなどの決まった食事はしていないので主に虫や小動物、生ゴミ、残飯などを食べています。

なので寄生虫などに感染して腸内環境が良くないケースが多いと言えます。その結果便にも影響を与えてしまいうんちが臭くなります。